【求人・採用担当者のための改正職安法】第1回 法改正の目的 「一億総活躍」実現へ 円滑な労働移動図る/岸 健二

2018.01.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

求人企業に大きな影響

 昨年3月末に職業安定法が大きく改正され、昨年から段階的に施行されている。

 国会提出の法案名が「雇用保険法等の一部を改正する法律案」だったため、めだたなかったという印象もあるが、従来、ハローワークや民間職業紹介業などに関する法律と思われがちだった職業安定法が、その対象範囲を大きく広げ、求人者や求人情報提供事業者を明確にその対象とし、求人企業の人材募集・採用業務にも大きく影響する内容を含んでいる。…

筆者:一般社団法人日本人材紹介事業協会 相談室長 岸 健二

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年1月15日第3144号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ