【産業カウンセリングの現場から】第93回 アルコール依存症は「回復」できる

2015.04.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

誤解や偏見が多く

 「アル中」という言葉がもつイメージは、「飲んだくれて道ばたに転がっている、どうしようもない人」「意志や性格の弱い人」など、人生の落後者と思われがちですが、これらのイメージはアル中のごく一部分でしかありません。また「依存」という言葉をニュースやワイドショーなどで、聞く機会が増えてきました。2014年6月に厚生労働省研究班の調査で発表されたアルコール依存症の患者数は、全国で推計109万人。そのうち治療を受けているのは4~5万人程度と考えられています。…

執筆:㈱彩人材教育 代表取締役社長 産業カウンセラー 直江 文子

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年4月1日第2231号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ