【人事学望見】第1100回 命脈保った強制労働 労働基準法上での最高刑を科す

2017.05.22 【労働新聞】

昔はあちこちで話題に…

 労働基準法の罰則で飛び抜けて重いのは117条。すなわち、5条の規定に違反した者は、1年以上10年以下の懲役又は20万円以上300万円以下の罰金に処する、とある。強制労働の禁止に違反した者に適用する罰則だが、古典的問題ともいえ、違反者は少ない。

懲役10年か罰金3百万円

 ところがである、4月3日発行の本紙第3107号4面にこの「強制労働の禁止違反」などの容疑で、書類送検されたとの報道があった。罰則の重さを知ってか知らずか、宮崎県都城市に所在する介護施設が、かつての「タコ部屋」もどきで摘発されたのだから驚きだ。

 めっきり少なくなった同規定違反の裁判例を紹介しよう。

 東箱根開発事件(東京地判昭50・7・28)は、5条違反に加え、17条の前借金相殺、民法90条の公序良俗違反を問われている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成29年5月22日第3113号12面

あわせて読みたい

ページトップ