【女性弁護士が考える女性にまつわる労務問題Q&A】第18回 問題社員のタイプ別対応法② 証拠集め事情聴取へ 女性グループによるいじめ 定期異動が防止策に/山浦 美紀

2016.11.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

サボりには注意重ねて

 前回に引き続き、女性社員に特有の「問題社員」対応について、事例を2つ検討していきます。

 女性は、日常生活において、「身だしなみを整える」といった動作について、男性より時間をかけることが一般的に多いと思われます。ところがそういった行動が、就業時間中にもみられる場合は、どのように対応したら良いでしょうか。事例をみてみましょう。

 女性社員Aは、いつも始業時刻間際に出社をします。タイムカードの打刻は、始業時刻の1分前か、ちょうどくらいです。席に着いたと思ったら、いきなりバッグの中からパンとコーヒーを取り出し、パソコンを開きながら、朝食を摂っています。あるいは席に着くなり、化粧を始める日もあります。…

筆者:鳩谷・別城・山浦法律事務所 弁護士 山浦 美紀

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年11月14日第3088号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ