【落語家柳家小満ん ちょっと一席風流噺】第28回 三年目の幽霊

2016.09.19 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 カクテルの話題がもう一つあった。

 上方落語『茶漬幽霊』を円朝門下の橘家円喬が改作をしたのが『三年目の幽霊』略して『三年目』であるが、まずは滑稽物の『茶漬幽霊』からご紹介をしよう。

 「与太さんかい、まァお上がりよ、大層ぼんやりしてるが、どうしたんだい」
 「嬶(かか)ァが死んだもんですから」
 「お内儀(かみ)さんが亡くなった、いつだい」…

筆者:落語家 柳家小満ん

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年9月19日第3081号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ