【落語家柳家小満ん ちょっと一席風流噺】第26回 麻のれん

2016.09.05 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 <蚊帳の中千代は小首を傾ける>

 女流俳人、千代女は加賀松任の人で、表具師六兵衛の妻であったが、幼い頃から風流の志があり、ある時美濃の俳人虚元坊の行脚を迎え、時鳥の題を得て共吟徹宵、遂に暁に及んで<時鳥時鳥とて明けにけり>と詠み、起き出た虚元坊に激賞を得たという。<朝顔に釣瓶とられて貰い水>はつとに有名な句だが、<起きて見つ寝て見つ蚊帳の広さ哉>もよく知られた句で、これは25歳で夫に死別した時の句である。…

筆者:落語家 柳家小満ん

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年9月5日第3079号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ