【落語家柳家小満ん ちょっと一席風流噺】第9回 灌仏会

2016.04.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 <如月は寝て卯月は立ち給ふ>

 2月15日は涅槃会で釈迦の入滅した日で、4月8日は釈迦誕生の灌仏会だ。

 仏陀・釈迦牟尼の誕生は紀元前5、6世紀頃とされており、インドとネパールの国境辺りにあったカピラ国の王妃・摩耶夫人がお産のために生家へ帰る途中、ルンビニーの花園で休憩中に、風にゆれる無憂樹の花の小枝を手折ろうとして、にわかに陣痛に襲われ産み落としたという。更なる逸話としては、釈迦は摩耶夫人の右の脇腹から誕生し、すぐに7歩あるいて天地を指さして「天上天下唯我独尊」と唱えたとされる。…

筆者:落語家 柳家小満ん

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年4月4日第3059号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ