【落語家柳家小満ん ちょっと一席風流噺】第16回 山吹

2016.05.30 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 『道灌』に後1回だけお付き合い下さい。

 噺の中の主題歌とでも云うべき和歌は、

 七重八重花は咲けども山吹の
 みの一つだになきぞあやしき (兼明親王)

が正しいようだが、落語の方では「あやしき」でなく「かなしき」で踏襲されている。

 山吹の花は五弁の一重が結実し、八重山吹は実を結ばない。そこが奇異である、不思議であるという意味で「あやしき」と詠んだのであろうし、「蓑一つ」と考えれば卑しい、粗末であるという意味の「あやしき」でもあろう。…

筆者:落語家 柳家小満ん

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年5月30日第3066号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ