【落語家柳家小満ん ちょっと一席風流噺】第17回 方代さん

2016.06.13 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 山崎方代(ほうだい)さんの歌が好きでたまらない。最初に出会ったのは『週刊新潮』の連載エッセー「男性自身」(山口瞳)であったから、かなり昔である。

 ○茶碗の底に梅干の種二つ並びおる
 ああこれが愛なのだ(山崎方代)

 いかにも落語的だ。その後も幾つかの歌に出会って興を得ていたところ、平成12年8月の新聞記事で方代忌(第14回)があることを知って鎌倉の瑞泉寺へ参上し、念願の『山崎方代全歌集』を求めることができ、その幾つかは高座でも愛用しているのだが、今回はこの稿でご紹介させて頂こう。…

筆者:落語家 柳家小満ん

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年6月13日第3068号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ