【落語家柳家小満ん ちょっと一席風流噺】第4回 堀口大學

2016.02.29 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 若き日の堀口大學がマドリードに居た頃、マリー・ローランサンのお供をして、プラド美術館へ入ったという。ここには、スペインの画家ゴヤの「マハ」がある。肉感的なセビリア女性が長椅子で寛いでいる絵が2枚、着衣と全裸で並べられている。

 この絵の最初の持ち主は、2枚の絵を重ねておいて、着衣の方のマハを見せてから、裸体のマハを見せたという。若き大學は一人で何回となく2態のマハに逢いに行っていたが、弱冠23歳の繊細な詩人は、着衣のマハの手前、どうしても全裸のマハが正視できないでいた。…

筆者:落語家 柳家小満ん

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年2月29日第3054号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ