【落語家柳家小満ん ちょっと一席風流噺】第29回 桂男

2016.09.26 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 秋くれば世界の人にほめらるる桂男や月の全盛(子子孫彦)

 この狂歌の狂名、子子孫彦は(このこのまごひこ)と読む。桂男は想像上の月に住む人物で、月そのものを指すこともあり、美男子の例えにも用いられた。この狂歌では、別世界(吉原)の人から褒めそやされた桂男が、月の紋日(もんび)の吉原へ誘い出されたようだ。…

筆者:落語家 柳家小満ん

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年9月26日第3082号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ