【落語家柳家小満ん ちょっと一席風流噺】第22回 ステテコ

2016.07.18 【労働新聞】

 「鼻の円遊」には、もう1つ「ステテコの円遊」の愛称があった。明治13年11月、浅草の並木亭で、まだ二つ目の円遊が落語の後で突如高座に立ち上がり、じんじん端折りの半股引きで、奇妙な手つき足つきで踊り出した。今まで落語家の踊りは座り踊りに限られていたのが、この突拍子もない円遊の踊りに、お客は暫し唖然としていたが、やがて手拍子から大喝采となって、これがステテコ踊りの始まりであった。…

筆者:落語家 柳家小満ん

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年7月18日第3073号7面

あわせて読みたい

ページトップ