【落語家柳家小満ん ちょっと一席風流噺】第12回 ぶん廻し

2016.04.25 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 <急ぐぶん廻し茶碗へ墨を塗り>

 ぶん廻しはコンパスのことで、江戸の図説百科事典『和漢三才図会』では、根発子(コンハッス)とも記されている。ぶん廻しの漢字は「打廻」である。ぶん廻しと定規があれば様ざまな幾何学文様が割り出せるのだが、適当な円には茶碗の縁を使うという手もあり、あたしも色紙に「桜に鵬月」の絵を画(か)いた時に、この手を使ったことがある。

 <大黒の好きな大根のぶん廻し>…

筆者:落語家 柳家小満ん

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年4月25日第3062号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ