【落語家柳家小満ん ちょっと一席風流噺】第30回 後の月

2016.10.10 【労働新聞】

 まずは小咄で。秋になって月夜の晩に、頭へ置き手拭いをして、両手は懐で弥蔵を組んで、投げ節なんぞを唄いながら、吉原の内を漫(そぞ)ろ歩いて粋がってる、なんてえ人が随分いたそうですが、これは夜の吉原だから様になるんで、これを真っ昼間、町中でやった人がおりまして、

 「葉うら葉おもて 葉おもて葉うら 萩の葉うらに 鳴くきりぎりす」

なンという文句を、高っ調子で唄いながらやって来た。ちょうど屋根屋の職人が屋根で仕事をしてまして、これを見たから黙ってません。…

筆者:落語家 柳家小満ん

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年10月10日第3083号7面

あわせて読みたい

ページトップ