【落語家柳家小満ん ちょっと一席風流噺】第32回 二階ぞめき

2016.10.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 <十三と十五の間に菊を背負い>

 9月9日は重陽の節句で、高い丘へ登って菊花酒を飲んで邪気を払うというのが、中国の習わしであった。吉原でも菊節句は正式な紋日とあって、高楼での菊酒を謳い文句にお客に仕舞いを付けさせたことだろうが、前後2度の月見の紋日もあって、都合3度の大散財とあっては、道楽息子が勘当になっても不思議はない。…

筆者:落語家 柳家小満ん

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年10月24日第3085号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ