【落語家柳家小満ん ちょっと一席風流噺】第14回 四天王~

2016.05.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 前回の続きで『道灌』には何日分もの内容があるというのには訳がある。本題に入る前の隠居さんと八ッつァんとの会話に自由があるからで、その日の時事的な話題があってもいいだろうし、空想的なやり取りでも面白いだろう。ただし今は時間的な制約があるので、そんな余計な遊びはしていられないのが実状だが、寄席で昔は持ち時間にも余裕があり、後が来ない為に「つなぎ」になることも多く、そういう時にも『道灌』のような噺は、取り留めもなくつなぐことができて便利であった。…

筆者:落語家 柳家小満ん

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年5月16日第3064号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ