【落語家柳家小満ん ちょっと一席風流噺】第27回 青菜

2016.09.12 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 「植木屋さん、大分ご精が出ますなあ、今この綺麗になった庭を見ながら一杯始めたとこですが、植木屋さんもこれへ来てお飲みなさいな、さァ/\遠慮はいりません、縁側へ腰を掛けて下さい、これは大阪の友人から貰った柳蔭ですが、その小さなコップでおやんなさいよ」
 「へェ/\、じゃァ遠慮なく頂戴します、へえェ綺麗なコップですなあ、徳利も涼しそうですが、柳蔭ってんですか、何だか幽霊でも出そうな酒ですなあ、頂戴します、あれ、これ旦那、直しってのと違いますか」…

筆者:落語家 柳家小満ん

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年9月12日第3080号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ