【落語家柳家小満ん ちょっと一席風流噺】第6回 鞦韆

2016.03.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし(鷹女)

 鞦韆(しゅうせん)はブランコのことだ。もっと強くハラハラするほど大胆に漕ぎなさい、愛においても奪い取るほど積極的に出なさいというのだが、昭和26年、三橋鷹女52歳の句で、有島武郎の『惜しみなく愛は奪ふ』からの発想とも云われるが、この句は耳から入って覚えたもので、鞦韆の語にも魅力を感じたものだ。

 中国の二十四節季に「寒食節」がある。…

筆者:落語家 柳家小満ん

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年3月14日第3056号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ