【落語家柳家小満ん ちょっと一席風流噺】最終回 宿屋の富

2016.12.26 【労働新聞】

 まずは小咄で『雷の宿』を枕代わりに。

 馬喰町へ雷落ちたりしが「雲に離れて、もう上がれぬ、ここに二、三日泊めて下さい」。「何がさて、お安い御用」と受け合い、泊めおきしが、その夜、亭主雷の前へ出て「せっかくお宿申しましたが、とんだ者の宿をすると、大家様から尻が参りました、気の毒ながら、明朝早々お立ち成されて下され」と言えば、雷、あたまを掻いて「それは、あんまり急じゃ、どうぞ夕立ちにしてくれ給え」…

筆者:落語家 柳家小満ん

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年12月26日第3094号7面

あわせて読みたい

ページトップ