【落語家柳家小満ん ちょっと一席風流噺】第40回 稲川

2016.12.19 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 <関取の乳の辺りに人だかり>

 お相撲さんも人気商売でございますが、前相撲として「頓智相撲」を何番かご覧いただいてから、本題の『稲川』という噺に入りたいと思います。

 「ビールにはピーナッツ」、決まり手は「突き出し」で、ピーナッツの勝ち。
 「花嫁には花婿」、内掛け(打ち掛け)で花嫁の勝ち。
 「一万円札で煙草を買いに来たお客と、煙草屋の親爺」、つり出して、煙草屋の勝ち。…

筆者:落語家 柳家小満ん

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年12月19日第3093号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ