【組織の内部成長を促す目標設定】第11回 衛生要因と動機付け要因  内発的動機が支えに 人間関係と収入は不可欠/菊谷 寛之

2015.09.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

欲段階で誘因異なる

 マズローの欲求段階説は、人がどのような状態のとき、目標として何を最重視するのかという点について、大きな洞察を与えてくれる。

 人々の欲求段階を見極め、彼らが何を目標として最重要視しているかが分かれば、何がその人を助け、不満を解消し、あるいは満足させるのか、それはなぜなのかを、かなりの確度で推定できる。

 別表は、マズローの5つの欲求段階の目標に対して、何が目標への期待を高める誘因(インセンティブ)になるのかを筆者が整理したものである。…

筆者:㈱プライムコンサルタント 代表 菊谷 寛之

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年9月21日第3033号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ