【組織の内部成長を促す目標設定】第7回 目標レベルの決まる要因 期待が挑戦引き出す 報われぬ努力は続かない/菊谷 寛之

2015.08.17 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

成功率5割で最高に

 前回まで、成果目標とそれを支えるプロセス目標との関係を説明してきた。両者はいわばリーダーとフォロワーのように相互に連携し、統合力を発揮して難易度の高い成果を実現する。

 今回は少し視点を変え、目標のレベルの高さについて考えてみよう。たとえば就職というゴールをめざす場合でも、次のように目標のレベル感は人により大きく異なる。

 レベル1=ともかく就職できればどの会社でも良い

 レベル2=生活の安定を考え、なるべく良い会社に入りたい

 レベル3=自分の強みや能力が発揮できる組織で活躍したい

 レベル4=世界で活躍できる商社マンになりたい

 レベル5=建築家になるためにX設計事務所に入りたい…

筆者:㈱プライムコンサルタント 代表 菊谷 寛之

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年8月17日第3029号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ