【組織の内部成長を促す目標設定】第12回 2つの要因と内発的目標 仕事の満足が報酬に 自らより高い目標へ意欲/菊谷 寛之

2015.09.28 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

満足と不満の原因は別

 前回はマズローの5つの欲求段階に基づいて、人々の目標への期待を高める誘因(インセンティブ)について整理した。

 繰り返しになるが、④承認欲求や⑤自己実現欲求の充足を求める人たちは、外部環境よりも、仕事そのものの中に達成感や有能感などの満足を求めている。この段階になると、人は自身の成長と満足に動機付けられ、そのための機会と支援に恵まれることが、最大のインセンティブとなる。その可能性がある限り、人は成長と満足を自律的に追求し続けるのである。

 いうまでもなく、仕事に満足を感じるか、不満を感じるかは、働く人々にとって生きがいやキャリアにかかわる大問題である。仕事に満足していれば、良い仕事を続けてキャリアを伸ばそうと、さらに意欲が高まるだろう。しかし不満が募れば、毎日の仕事が嫌になり、「やる気」をなくして会社を辞めてしまう可能性もある。我慢し続ければ、メンタルな障害をも招きかねない。…

筆者:㈱プライムコンサルタント 代表 菊谷 寛之

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年9月28日第3034号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ