【組織の内部成長を促す目標設定】第10回 「有能感」追求と成長目標 成果を最大の満足に 根源的欲求と結び付け/菊谷 寛之

2015.09.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

人は能力の発揮求める

 心理学者のR・W・ホワイトによれば、人間の行動力の源泉の一つは、持てる能力を発揮する有能感(コンピテンス)や、自分にもできるという自己効力感を求める動機だという。

 人間には本来、自分が持つ潜在能力を様ざまに外界に働きかけ、環境・対象と効果的な相互作用を実現したいという根源的な欲求がある。

 たとえば赤ちゃんが泣いたり、ぐずったりして母親のスキンシップや授乳をねだるとか、声を上げたり手足をばたつかせて何かを表現したときに大人が喜んだりすると、赤ちゃんの有能感や自己効力感がよく育つという。

 知恵がつき始めた幼児が、いろんな品物をいじったり投げたりして大人をはらはらさせるのも、何ができるかを一つひとつ経験しながら、できることとできないことを学んでいるのである。…

筆者:㈱プライムコンサルタント 代表 菊谷 寛之

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年9月14日第3032号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ