【組織の内部成長を促す目標設定】最終回 より良い目標管理のために 自律的な行動力開発 全体支える内発的意欲を/菊谷 寛之

2015.12.28 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

仕組みつくり方向付け

 前回は、企業の組織で成果を上げるための勘どころを、7つのステップで説明した。

 別表は、7つのステップがそれぞれ何を対象に、どんなアクションをとり、何をゴールとするかを整理したものである。

 出発点は、企業の存在理由あるいは社会に対する貢献の意思表明として、①ビジョンを示すことである。そこでは社会にあって顧客を創造し、企業としてより大きな成果・利益を実現し続けることがゴールとなる。…

筆者:㈱プライムコンサルタント 代表 菊谷 寛之

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年12月28日第3046号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ