【組織の内部成長を促す目標設定】第18回 有効で能率的な組織 経済的成果が最優先 見返りで報酬・満足実現/菊谷 寛之

2015.11.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

存続にかかわる重大事

 第16回でも触れたが、バーナードは、組織が存続するためには、組織の「有効性」または「能率」のいずれかをメンバーが認識していることが重要であり、組織の寿命が長くなると、その両方がますます必要になると断言した(『経営者の役割』)。

 組織の生命力の源はメンバーの貢献意欲にあり、この意欲には目的が遂行されるという有効性の信念が必要である。目的が達成されそうにもないと思われれば、貢献意欲は消滅し、やがてその組織は成り立たなくなる。

 所属する組織の活動が社会的に有効かどうかという認識は、一人ひとりの貢献意欲だけでなく、組織の存続にもかかわる重大事である。たとえば、…

筆者:㈱プライムコンサルタント 代表 菊谷 寛之

 

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年11月9日第3040号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ