【データバンク室】「これまでのアベノミクスの成果について」ほか

2014.05.12 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「職場のパワーハラスメント対策の推進について」(厚生労働省・A4判・7頁)

都道府県労働局長宛て通達。前回(平成24年9月10日付)通達を大幅に改定し、監督指導、個別指導などの際に改善要請を行うよう求めている。企業での取組みが進まない実態が背景に。

※リンク切れ


「これまでのアベノミクスの成果について」(内閣府・A4判・33頁)

このほど開いた経済財政諮問会議で、これまでのアベノミクスの成果を明らかにした。賃金・一時金での引上げについて過去10年で最高の水準に達したと強調している。

「これまでのアベノミクスの成果について」


「『第2弾成長戦略』に向けた提言」(経済同友会・A4判・24頁)

解雇に対する補償制度としての事後型金銭解決(救済)制度の検討を進めるよう提言している。そのほか、新しい労使自治型裁量労働制の導入などを求めている。

「『第2弾成長戦略』に向けた提言」


「建設技能労働者の人材確保・育成に関する提言」(日本建設業連合会・A4判・20頁)

建設投資が増加に転じるなか、処遇改善を通じて将来の担い手を確保すべきと提言。技能者の平均年収について、現在より140万円程度高額となる530万円への引上げを求めた。

「建設技能労働者の人材確保・育成に関する提言」

ジャンル:
平成26年5月12日第2968号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ