【データバンク室】「平成25年労働安全衛生調査(実態調査)結果」ほか

2014.10.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「平成25年労働安全衛生調査(実態調査)結果」(厚生労働省・A4判・34頁)

原則、平成25年10月31日現在の実態を調査し9026事業所、1万203人から回答を得た。メンタルヘルスに取り組んでいる事業所は60.7%で、前年調査より13.5ポイント上昇。

「平成25年労働安全衛生調査(実態調査)結果」


「長時間労働削減推進本部の設置について」(厚生労働省・A4判・8頁)

同省は塩崎恭久厚労相を本部長とする「長時間労働削減推進本部」を設置し、過重労働撲滅に向けた重点監督や司法処分、企業名公表などの取組みを積極化させることを明らかにした。

「長時間労働削減推進本部の設置について」


「『次世代育成支援対策推進法施行規則の一部を改正する省令案要綱』及び『行動計画策定指針案要綱(一般事業主行動計画に係る部分)』の諮問・答申」(厚生労働省・A4判・25頁)

「プラチナくるみん認定制度(特例認定制度)」の枠組みを規定した。

「『次世代育成支援対策推進法施行規則の一部を改正する省令案要綱』及び『行動計画策定指針案要綱(一般事業主行動計画に係る部分)』の諮問・答申」


「2015年度・新卒採用に関する企業調査―内定動向調査」(㈱ディスコ・A4判・14頁)

全国の主要企業8860社を対象に、2015年度の採用活動の手応え、2016年度からの採用活動時期の繰下げについての意見・方針などを聞いた。内定辞退者は昨年度より9.7ポイント上昇。

「2015年度・新卒採用に関する企業調査―内定動向調査」

この連載を見る:
平成26年10月20日第2989号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ