【データバンク室】「自動車運転者を使用する事業場に対する平成24年の監督指導、送検の状況」ほか

2013.10.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「自動車運転者を使用する事業場に対する平成24年の監督指導、送検の状況」(厚生労働省・A4判・7頁)

 トラック、バス、タクシーなど自動車運転者を使用する6007事業場に監督指導を実施した。このうち82%で何らかの労働基準関係法令違反が認められた。

自動車運転者を使用する事業場に対する平成24年の監督指導、送検の状況


「本社による安全衛生・労務管理の実態に関する調査結果」(厚生労働省・A4判・6頁)

 同省が実施した上記調査で、ほとんどの企業が事業場の安全管理・健康管理・労務管理を本社で統括していることが分かった。労働政策審議会安全衛生分科会提出資料。

本社による安全衛生・労務管理の実態に関する調査結果


「労働者派遣制度に関する規制改革会議の意見」(内閣府・A4判・3頁)

 政府の規制改革会議がまとめた労働者派遣制度に関する意見書。日雇派遣の原則禁止の見直し、労働契約の申込みみなし制度の廃止、グループ企業派遣8割規制の再検討などを主張。

※リンク切れ


「平成25年4月~7月に第3次産業の事業場に対する監督指導を実施」(埼玉労働局・A4判・4頁)

 多数の申告が寄せられるなど労働条件面の問題が危惧される第3次産業の事業場に対し監督指導を行った。実施179事業場の6割超で法違反が発覚。

平成25年4月~7月に第3次産業の事業場に対する監督指導を実施

この連載を見る:
平成25年10月21日第2941号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ