【シートで実践 ゼロから取り組む人事考課】第20回 自己評価との向合い方 裏付け求め自覚促す 過剰評価は対話の材料に/金津 健治

2015.06.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

被考課者にも研修を

(1)ないと不安、あれば不満の種に

 人事考課とは本来、考課者が自社の人事考課基準に則り、被考課者の職務行動事実に基づいて考課することをいう。被考課者は考課をしない。

 ところがいつの頃からか、被考課者が考課に参加する仕組み「自己評価」が採り入れられた。この仕組みが導入された背景には、「被考課者に自己PRの機会を与え、評価の納得性を高める」、「考課者が把握できない事実を押さえる場を設けないと、評価の公正化が図れない。不安である」といった事情がある。

 とはいえ、どんな仕組みにも効用と弊害が並存している。…

筆者:産業能率大学経営管理研究所マネジメント研究センター 主席研究員 金津 健治

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年6月1日第3019号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ