【シートで実践 ゼロから取り組む人事考課】第2回 自社の制度を構造化する 対象は職務行動のみ 業績・能力・姿勢が切り口/金津 健治

2015.01.19 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

適性評価とは区別を

(1)考課者を悩ませる「人を評価すること」

 新任管理職にとって、最も難易度の高い仕事は、部下を評価することである。ある考課者研修で、参加者からそのことを象徴する質問を投げかけられた。

 「課長になって初めて部下を持ち、評価をすることになりました。私は今年35歳です。40歳にも届かない若輩の私は、人を評価できるような人間ではありません。まだまだ未熟です。こんな未熟な私に、人を評価できるのでしょうか」。

 この課長の発言の「人を評価する」という部分に注目してほしい。では、人の何を評価するのだろうか。…

筆者:産業能率大学経営管理研究所マネジメント研究センター 主席研究員 金津 健治

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年1月19日第3001号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ