【人事の小窓 ちょっと道草】人事異動の成功めざし/馬場 雅史

2013.05.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 毎年、3~4月の新聞では何ページにも渡って異動情報が掲載され、さらに、新聞への掲載は部長以上の方であることから、職場での人事異動はその数倍になると思うたび、日本全国、人事異動の季節が来たなと感じます。

 弊社も、4月異動は組織改定と連動して、多くの方が異動します。そのたびに思うことは、異動のプロセスは様ざまでも、「新しい職場で自分の力を発揮してもらいたい」との一念です。というのは、異動先で成功したケースがあまり多くないからです。例えば、「自ら希望した職場なのに、実際は自分の想像とは違う仕事で、すぐに元の職場に戻りたいと言う者」「業務命令で仕方がなく異動したけど仕事内容がつまらないため全然やる気が出ないと公言する者」…

筆者:アズビル㈱アズビル・アカデミーキャリア・サポートグループ マネージャー 馬場 雅史

 

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年5月20日第2921号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ