【人事の小窓 ちょっと道草】「人の縁」を大切に!!/村元 隆

2013.01.14 【労働新聞】

 私は、昨年の9月末をもって22年間の労組専従役員にピリオドを打ちました。

 長い労組役員の経験から得られたことは、労組役員のなり手が少ない中、役員は「やりたくてもできない職業」であるとともに、「やりたくなくてもやらなくてはならない職業」だということです。というのは、労組の役員は推薦委員会で推挙され、それに基づき選挙で信任される構図になっているからで、選挙にて信任され労組役員としてやる限りには、「組合員のため」と言いながらも…

筆者:中菱エンジニアリング㈱ 総務部人事課 村元 隆

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成25年1月14日第2904号5面

あわせて読みたい

ページトップ