【人事の小窓 ちょっと道草】常識を捨て大いに語らえ/友常 利男

2013.09.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今年は春が短く、あっという間に初夏を通り越して盛夏になったように感じられます。4月に入社した当社の新入社員も順調にプログラムをこなし、いよいよ社会という荒波に乗り出して行きました。

 日本生産性本部の発表によると、今年の新入社員のタイプは「ロボット掃除機型」だそうで、一見するとどれも均一的で区別がつきにくい反面、部屋の隅々まで効率的に動き回って、家事など時間の短縮に役立つ一方、プレッシャーには弱く、能力を発揮させる環境整備が必要なのだそうです。

 当社が考える若手社員に求める能力は、…

筆者:㈱IHIビジネスサポート 総務部長 友常 利男

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年9月2日第2935号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ