【人事の小窓 ちょっと道草】就活中の学生にエール/樋口 孝志

2013.04.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 昨年12月1日、企業の採用広報活動がスタートしました。学生側からすれば、実質的な動きを伴う就職活動の始まり。経団連の採用選考に関する企業の倫理憲章に基づいて定められた日程ですが、2年前に比べると、2カ月ほど遅くなっています。

 4月1日には面接等選考活動が始まり、10月1日の正式な内定日へと続きます。この日程が学生・企業双方にとってベストなのかと問われれば、疑問符的なところもありますが、一つの目安としては価値があるでしょう。

 もう30年以上も昔になりますが、自分が学生だったころは、こんなに早い時期から就職活動をしていませんでした。…

筆者:日立アロカメディカル㈱ 人事部長 樋口 孝志

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年4月1日第2915号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ