【ぶれい考】”月例賃金”引上げにこだわる/古賀 伸明

2014.02.17 【労働新聞】

 14春季生活闘争の交渉が、いよいよ本格化する。

 今次闘争のポイントは、すべての組合が月例賃金の引上げにこだわること、そして、正規・非正規、組織・未組織、企業規模を超えて、すべての働く者の底上げ・格差是正を図ることである。…

筆者:連合会長 古賀 伸明

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成26年2月17日第2957号5面

あわせて読みたい

ページトップ