【実務に活かす!労働判例のていねいな読み方】第30回 実際に高裁判決を読む(1)/藤川 久昭

2014.02.17 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

控訴と附帯控訴の例 労働条件不利益変更事案

1 はじめに

 今回から高裁判決を読む作業を行う。

 素材は、日本郵便輸送事件(大阪高判平成24年4月12日労経速2145号17頁)である。本件は労働条件の不利益変更の事案である。具体的には、使用者が、無事故手当と運行手当の半額のみ割増賃金の算定基礎に算入し、残りの半額を割増賃金として支払うことを定めるような給与規程の変更を行った(本件変更と略称)。労働者側は、本件変更後の内容それ自体が労基法37条に違反する、本件変更が労働契約法9条に違反するから無効であるなどと主張して、上記手当の全額を割増賃金の算定基礎に算入して計算した割増賃金から、既払分を控除した未払賃金および付加金等の支払いなどを求めた。…

筆者:青山学院大学法学部 教授 ㈱DeNA 監査役 弁護士 藤川 久昭

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年2月17日第2957号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ