【実務に活かす!労働判例のていねいな読み方】第14回 当事者の主張から学ぶ(1)/藤川 久昭

2013.10.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

参考になる点が多い 自己健康管理義務を例に

1 今回の狙い

 判決の理解にとって、当事者(原告・被告)双方の主張は重要である。判決で検討される法的論点、事実の存否は、あくまでも、当事者の主張をもとにしているからである。判決における判断過程も、当事者のやりとりを踏まえていることが多い。

 にもかかわらず、当事者の主張の部分は軽く扱われているように思えてならない。労働判例を解説している優良な書籍は数多あるが、当事者の概要は、骨組みのみ取り上げられることがほとんどである。それは、判例評釈・解説は、裁判所が認定した事実のみもとに、裁判の法的判断を対象とすべきとされているからである。…

筆者:青山学院大学法学部 教授 ㈱DeNA 監査役 弁護士 藤川 久昭

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年10月14日第2940号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ