【実務に活かす!労働判例のていねいな読み方】第9回 「射程距離」から読み取る(2)/藤川 久昭

2013.09.02 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

後で判明することも 労働時間概念法理を例に

 前回に引き続き、今回も「判例・裁判例から射程距離を読み取る」という作業を行う。

1 ルールから読む(2)

 まず、長期休暇の事案に関する時事通信社事件最高裁判決(最三小判平成4年6月23日、民集46巻4号306頁)を紹介する。本判決は、長期年休における使用者の時季変更権の行使に当たって、使用者が「休暇が事業運営にどのような支障をもたらすか…休暇の時期、期間に…どの程度の修正、変更を行うか」の判断について、「使用者にある程度の裁量的判断の余地を認めざるを得ない」というルールを示した。

 同判決が出されるまでは、時季変更権の要件である「事業の正常な運営を妨げるか否か」は「客観的」に判断されるという考え方が、判例・通説だったと評価されてきた。…

筆者:青山学院大学法学部 教授 ㈱DeNA 監査役 弁護士 藤川 久昭

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年9月2日第2935号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ