【実務に活かす!労働判例のていねいな読み方】第10回 「射程距離」から読み取る(3)/藤川 久昭

2013.09.09 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

確定できない場合も 特段の事情等を例にして

1 前回の3の続き

 もっとも、この2つが本当に異なるルールといえるのか、検討の余地がある。なぜならば、「労働からの解放が保障されて」いるか否かも、「当該時間において労働契約上の役務の提供が義務付けられていると評価される場合には、労働からの解放が保障されているとはいえ」ないとして、「義務付け」が重要な判断要素の一つとなっているからである。

 しかし、実作業がない時間も含めて、労基法の労働時間と判断されてしまうこと、義務付け以外の方法で、労働からの解放が保障されていない場合があり得ることから異なったルールであると私は考える。いずれにせよ、業務性という要素が決め手ではないことは理解できよう。…

筆者:青山学院大学法学部 教授 ㈱DeNA 監査役 弁護士 藤川 久昭

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年9月9日第2936号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ