【サラリーマンしたたか遊泳術】定着率向上に社員同士で対話を/吉田 典史

2015.06.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 半年前、中小企業の二十代社員の「採用・定着・育成」をテーマに50ページの冊子を書いた際、取材のために20社ほどの中小企業を訪ねた。いずれも創業10年以上の企業で、売上げは10億円前後に達している。しかし、大企業に比べると離職率は高かった。人の出入りが激しいために、業績難に陥ったり、労使紛争に発展したりしているケースもあった。

 それらの打開策として、筆者は2つを強調したい。まず1つは…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年6月15日第3021号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ