【サラリーマンしたたか遊泳術】労組は障害者に手を差し伸べよ/吉田 典史

2015.11.16 【労働新聞】

 今朝も、あの女性を見た。二十代後半だろうか…。杉並区のある駅付近を毎朝、歩く。目が不自由なのだろう。杖をついて歩く。いつもきれいな恰好をしていて、一見したところ、会社員に思える。

 女性の横を数百人の会社員が、急いで通り過ぎて駅に向かう。女性が、駅の改札口に降りていく階段の場所が分からず、その付近で立ち止まろうとも、誰も気にしない。見事に、ひとりも相手にしない。…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年11月16日第3041号7面

あわせて読みたい

ページトップ