【サラリーマンしたたか遊泳術】会議で優秀社員演じるのが鉄則/吉田 典史

2014.03.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「部下の働き? わかるわけないよ。俺が毎日、外に出て打ち合わせや取材をしている。職場にほとんどいないから、部下のことが見えないよ」。

 この記事を書く数日前、社員数250人ほどの出版社の編集長(40代半ば、男性)と食事をした。筆者が、部下である編集者たちをどのように評価しているのか、と尋ねると、やや興奮した口調で答えた。

 この出版社では、編集長(部長級)は管理職であるが、編集者として、つまりはプレイヤーとして雑誌や本の編集制作に関わる。十数年前までは、編集長は部下の育成や部署の予算管理など、マネジメントに専念していた。職場にずっといて、部下たちの様子を観察することができた。

 今は、そのようなことができない。…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年3月10日第2960号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ