【サラリーマンしたたか遊泳術】成果主義浸透で生まれた「幻想」/吉田 典史

2014.04.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ここ十数年、成果主義が浸透した。それに伴って、コンサルタントや経営評論家、エコノミストなどが盛んに唱える。

 「仕事の結果や実績を残していれば、上司や会社から認められる。実績を出せば、転職や独立も可能だ。会社にもたれかかる時代は、終わった」。この考えは企業社会の実態からかけ離れた思い込みであり、幻想でしかないと筆者は思う。

 そもそも、「結果」や「実績」とは何を意味するのだろう。それらを高く評価するか否かは…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年4月21日第2965号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ