【サラリーマンしたたか遊泳術】中小経営者こそ「基本」の徹底を/吉田 典史

2015.07.06 【労働新聞】

 数日前、日本を代表するコンサルティング会社のトップを取材した。第一印象や雰囲気、話す内容やスピードはさすがに「トップエリート中のエリート」。日本や世界経済、さらに今後、数十年先までを鋭く、深く分析する。”偏差値98”という、記者仲間の噂どおりだった。

 取材を終えた後、ふっと思い起こしたのが1冊の本だ。15年前に発売された。中小零細企業の経営者向けのものだ。著者は中小企業を専門にする、ベテランのコンサルタント。発売当初から売れ行きが良く、静かなベストセラーとなる。増刷が今も繰り返される…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年7月6日第3023号7面

あわせて読みたい

ページトップ