【サラリーマンしたたか遊泳術】うつ病社員の”周囲”にも配慮を/吉田 典史

2015.09.07 【労働新聞】

 筆者はここ2年半、悩みを抱えていたが、ようやく気が晴れた。記事を書いていた出版社の担当編集者がうつ病だった。その男性が人事異動となり、担当を外れた。

 彼は、五十代前半でうつ病だった。20年近く前から、数年ごとに繰り返していたらしい。後任の編集者に聞くと、社内では男性の扱いに困っているようだ。引き取る部署がないのだという。…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年9月7日第3031号7面

あわせて読みたい

ページトップ