【サラリーマンしたたか遊泳術】”常に見られている”と意識せよ/吉田 典史

2014.06.09 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 仕事をするときには、「自分が周囲から見られている」と常に意識する必要がある。その心がけができていると、仕事の精度は上がる。スピードも速くなる。上司や周囲、お客からの評価も高くなるのかもしれない。

 だが、常に「見られている」と意識することは実に難しい。その一例を挙げよう。昨年11月から今年4月まで、社員数5人の不動産会社に勤務する、30代半ばの男性の案内で物件を見て回った。10年ほど住み慣れた事務所を移転しようと思った。…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年6月9日第2972号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ