【サラリーマンしたたか遊泳術】人事異動小規模化で閉塞感漂う/吉田 典史

2015.02.16 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 「大企業の中小企業化」が進んでいる。ここ10年は、そのスピードが速い。一例を挙げよう。某総合商社は、7つの事業部に分けられる。正社員が約3500人で、それぞれの事業部に300~500人が配属される。いわゆる、「事業部制」だ。

 最近の大きな特徴は、ほかの事業部への人事異動が相当に難しくなっていることだ。

 この5年ほどで取材した、事業部制を採用する大企業は約60社。そのうちで、人事部の担当者が、「他の事業部への異動はできないことはないが、限りなく不可能」と答えた…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年2月16日第3005号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ