【サラリーマンしたたか遊泳術】「上司」が生殺与奪の権限握る!/吉田 典史

2014.05.05 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 会社員としての経験が浅い人は、なぜ、上司のことをそこまで考えねばいけないのかと思うのかもしれない。筆者も、30代前半までくらいは、同じような思いだった。

 結論からいえば、上司は部下を生かすことも殺すこともできるからである。「会社員人生は、上司しだい」ともいえる。…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年5月5日第2967号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ