【サラリーマンしたたか遊泳術】自らの足元にある未来を潰すな/吉田 典史

2014.11.17 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 「自分の力で切り拓け!」とよく聞く。「自ら、未来を潰すな!」とはあまり聞かない。筆者はビジネスをするうえでは、前者よりも後者のほうがはるかに大切だと思う。

 2006年、38歳のとき、ひとりで仕事をするようになった。はじめの2~3年間は、ほかのライターの「取りこぼし」の仕事をもらっていた。これらの収入で、かろうじて生き抜くことができた。…

筆者:ジャーナリスト 吉田 典史

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月17日第2993号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ